外でもWi-Fi

さて私達の多くが自宅でWi-Fiを用いて、高速のインターネットを楽しんでいますが、それが外出先でも使えたら、もっと便利なのでは無いでしょうか。そもそもモバイル通信はルータ等の機器がなくても屋外でインターネットを活用できますが、それもやはり利用制限があるので無制限に使うと言う使い方はできず、どうしてもやはり遠慮したような使い方になってしまうかもしれません。それはコンテンツが充実している現代においてはあまり良いこととは思えません。そこで、外出先でもWi-Fiが活用できるように、公衆無線LANが様々な場所に設置されています。今まではカフェなど多くの人が利用出来る場所などに設置されていましたが、今後はもっと広い範囲で、その地に訪れた人々が自由にWi-Fiを使えるような環境になっているように、市町村も一緒になって公衆無線LANの環境を整えています。これは全国的に行われていることです。

もっとこの普及が進めば、全国的に、もはや高速のインターネットが利用出来ない地域は無い、と言えるぐらいにまでなるかもしれません。よりインターネット環境が普及し、より多くの人がそこから恩恵を得られるような環境作りが、これからより促進されていくことが期待されます。

自宅でWi-Fi

さて私達のほとんど誰もがインターネットを活用出来る時代において誰もが利用することの出来る環境であるのが、Wi-Fiという技術です。そもそもWi-Fiとは無線LANと言う言葉と混同されがちですが、Wi-Fiは無線LANの規格名であると言えます。ある団体がそのWi-Fiを広めようと命名したものであり、既に世間に浸透している名称と言えますが、正しくは私達が用いているのは無線LANということになります。LANとはいわゆる限定されたネットワークのことを言いますがそれがワイヤレスかそうでないかという点に有線と無線の違いがあります。現代では誰もが無線LANを活用し、Wi-Fi機能が使える機器をどこでも活用することができています。さて、私達は現代において自宅でWi-Fiを活用することができますが、それを用いるメリットと言えばやはりインターネットが高速で使えるという点でしょう。確かにモバイル通信の速度も向上しており今では固定回線とか割らないくらいの速度で利用出来ますが、使いすぎると制限がかかり速度が遅くなると言うデメリットがあります。

ですから、自宅ではWi-Fi、そして外出先ではモバイル通信と使い分けることによって、インターネットをもっと活用することができますが、その分費用はかさみます。

Wi-Fiの定義

現代ではインターネット環境が必須とされている時代に私達はすんでいます。もはやインターネット環境が無いと私達の生活に支障がきたす位にそれは浸透しています。単に私達はその手段を活用するだけでなくまさに生活の一部として成り立っていますがインターネットをどう使うかというのも私達個人に任されておりその分自由に出来るという分野でもあります。皆さんはインターネットをどのようなことに用いておられるでしょうか。現代ではインターネットで出来ないことは無いと言うぐらいに進歩していますがそれによって多くの方が様々な恩恵を受けていることに間違いはありません。私達誰もがそういった世の中に住んでいますから私達誰もがそれらをより活用出来る機会が増えている、と言えます。さて、インターネットを利用するには当然のようにそれを使うための環境が必要となります。現代では多くの方がインターネット環境を持っており、モバイル通信や固定通信などそれらの方法を使い分けることによって24時間いつでもインターネットを使えるような環境にあると言えます。

誰もが用いているインターネットですがその方法の一つであるのが『Wi-Fi』です。もはやこの言葉も広く聴き慣れた言葉になってしまいましたが、そもそもWi-Fiは、どのような場面で活用することができるのでしょうか。また、最近流行りの公衆無線LANで活用することのできるWi-Fiとは、それを利用することによってどのようなことが出来るのでしょうか。